【注目の学校紹介】 相模女子大学 学芸学部 生活デザイン学科

2021/1/6

キャンパス内にある「夢をかなえるセンター マーガレットホール」

社会で必要とされる
デザイン力を身につける

  発想力を養い、女性の美質を高める教育に力を入れ、2020年に創立120周年を迎えた相模女子大学。学芸学部生活デザイン学科では、人々の生活を総合的に豊かで楽しいものにしていく生活デザインを学ぶことができる。

建築分野の授業風景

 教育のポイントは3つ。まずは、地域や企業との連携活動を通じてプロジェクトを推進する力をつけるために「社会人としての基礎を養う」。そのうえで、デザインを日常のものとして理解し、創造する発想力と技術力を養う「生活者の発想でデザインを創造し、コーディネートできる人材の育成」。そのために、45名の定員に対して8人の専任教師を配する徹底した少人数教育により、一人ひとりが独創的なデザインを生み出せるよう「Face to Face指導」に重きを置く。

建築分野での卒業制作作品

 デザインが好きであれば、最初は何をやりたいか定まっていなくてもいい。建築領域、ファッション領域、プロダクト領域、ヴィジュアル領域の4つから、学びたい方向や分野を複数選んで横断的にカリキュラムを組み立てることができるので、4年のあいだに専門を絞って深めていける。ちなみに建築領域では、建築を中心に空間デザインを基礎から学び、指定科目の履修状況に応じて一級建築士受験資格が得られる。 

2019年度 ファッションショーの様子

 また、3年次には設定された課題にグループで取り組み、プレゼンテーションまでを行う総合デザインプロジェクトがある。これまで培ってきたことを実践に移し、自分の方向性も見えてくる。
 異なるデザイン領域をクロスオーバーし、芸術分野にとどまらず、生活に関わる様々な領域とも接点を持ちながら幅広く学べるので、多様な職業選択が可能になる。新たなデザインの仕事を生み出すこともできるかもしれない。

SCHOOL DATA

TEL:0120-816-332(入試課)
所在地: 神奈川県相模原市南区文京2-1-1 
アクセス:小田急相模大野駅から徒歩10分

主なコース:4つの領域、8つの専門分野(建築領域:建築/インテリア、ファッション領域:ファッション/テキスタイル、プロダクト領域:プロダクト1/プロダクト2、ヴィジュアル領域:デジタル/ヴィジュアル)

公式URL:https://www.sagami-wu.ac.jp/arts-sciences/life-design/

文=白坂由里