国公立大学 東京

東京藝術大学

デザイン科

伝統 Tradition 東京藝術大学の前身である東京美術学校は、1887(明治20)年に創立しました。

本学におけるデザイン教育は、1896(明治29)年図按科の開設までさかのぼり、デザインが産業工芸や商業美術などといわれた戦前から、多様なデザイン領域が確立する戦後から現在まで、デザインの歴史を第一線で築いた優れた人材を多く輩出してきています。

 

唯一 Uniqueness 東京藝術大学は、美術学部、音楽学部、映像研究科、美術研究科、音楽研究科等からなる、わが国唯一の国立総合芸術大学です。様々な芸術分野の優れた才能が集う、他校にない創作環境は、たとえばデザイン科学生の制作するアニメーションに、音楽学部の学生がサウンドを提供するなど、領域を超えた学生どうしの交流を可能にしています。

 

10の力 The Power of 10 本学デザイン科はさまざまなデザイン領域に対応できるように、グラフィックデザイン、情報デザイン、プロダクトデザイン、空間デザイン、環境デザイン、映像、描画、理論などを専門分野とする、合計10の研究室を基盤に構成されています。

 

自由 Freedom 学部は1学年45名程度で、対話を重視したきめの細かい少人数教育を行っています。10の研究室の常勤教員と様々な領域の第一線で活躍する非常勤講師による実技課題・技法演習・講義は、専門的な技術や知識を段階的に積み上げると同時に、既存のジャンルにとらわれず自由に資質をのばすことを支援する内容となっています。学生は、学年進行にしたがって、ゆるやかなかたちで自分の適性を見定め、じっくりと「やりたいこと」を探し出せる、他には類を見ないカリキュラムのもとで学ぶことができます。

 

究める Mastery 大学院の学生は、志望により研究室に所属し研究・制作します。より深く専門領域を追究するとともに、研究室を横断した社会連携・産業連携プロジェクトが組まれています。さらに、博士後期課程では、独自のデザイン理論を構築し、高次の制作研究を行うことのできる教育体制となっています。

 

環境 Environment 日本の芸術発信拠点として整備が進む“上野の杜”で4年間を過ごします。上野という土地がもつ歴史の重みと利便性の高さは、学生たちに必ずや「ここでしかできない」体験をもたらし、その創造性の発現に大きく寄与することになるでしょう。また、取手キャンパスは新たに大学院デザイン専攻の2研究室の拠点となります。そこでは大型作品制作向けの充実した設備をもつ美術学部共通工房も利用できます。

キャンパス情報

上野キャンパス

東京都台東区上野公園12-8

Google mapで開く

取手キャンパス(先端芸術表現科2年次~4年次

茨城県取手市小文間5000番地

Google mapで開く

お問い合わせ

公式情報
ウェブサイト https://www.geidai.ac.jp/
お問い合わせ
メールアドレス https://www.geidai.ac.jp/inquiry