国公立大学 東京

東京藝術大学

先端芸術表現科

〈表現の問題〉について問いかけます 1999(平成11)年4月に設置された先端芸術表現科は、「美術」の分野を超える教育研究の実践を目指しています。従来の藝大・美大では、扱う技法によって各科が編成されてきましたが、先端芸術表現科では、芸術の持つ意味そのものを「表現の問題」として問いかけます。

 

社会に向けて開かれた存在でありたい

大学のなかに閉じこもっていては、現代を呼吸することはできません。設置以来、「取手アートプロジェクト」をはじめ、地域や社会に深く根ざしたアートプロジェクトや国際的なプロジェクトに積極的に参画し、グローバル化した世界に向けて、私たちの生の意味について創造と提案を続けてきました。テーマは、人間の意識変革、文化拠点としての地域、コミュニティの再創造など多岐にわたっています。

 

きめ細かな指導体制をとっています

新しいかたちのコミュニティとして、大学を機能させたい。先端芸術表現科は、従来の「教える」「教わる」関係の再構築をめざしています。1年次から学年担当によって懇切な指導が行われ、3年次には、研究室に所属し理論と実践を鍛えていきます。教員と学生によって作られたゆるやかな共同体は、国際社会とのハブとなりうる拠点でもありたいと考えています。

 

どんな進路も開かれています

この学科が育成してきたのは、アーティストばかりではありません。これまでの藝大生・美大生が選んできた進路にとどまらず、社会に対する鋭い問題意識を持った多彩な人材を輩出しています。先端芸術表現科の卒業生は、インディペンデントな起業家、あるいは組織の一員として、ファシリテーター、プロデューサー、編集者、研究者となって、さまざまな領域で活躍しています。

キャンパス情報

上野キャンパス

東京都台東区上野公園12-8

Google mapで開く

取手キャンパス(先端芸術表現科2年次~4年次

茨城県取手市小文間5000番地

Google mapで開く

お問い合わせ

公式情報
ウェブサイト https://www.geidai.ac.jp/
お問い合わせ
メールアドレス https://www.geidai.ac.jp/inquiry