国公立大学 東京

東京藝術大学

建築科

東京藝術大学美術学部建築科は、本学の前身である東京美術学校(1887年創設)のもとに、「図案科建築教室」が設置されたことから始まりました(1902年)。その後1923年に「建築科」となり、今日まで日本の建築界を代表する多くの建築家を輩出してきました。  本科が他大学の建築学科と大きく異なる点は、日本の多くが属する工学系ではなく美術系に属し、建築家の養成を目指す唯一の国立の教育機関であることです。

もうひとつの特色は、教育の軸を建築設計に置いている点です。建築設計実技を通して建築の知識や技術を学び、建築家として必要な総合的能力を養います。専任教員9人に対し1学年の定員は学部15人・大学院修士16人という少人数の恵まれた教育環境によって、それらの方針は初めて可能になります。個性と創造力を伸ばすために、自由かつ緊密な教育が行なわれています。 建築科の教育は「建築の設計」の修得に重点を置いていることに特徴があります。幅広く科学的知識や思考力を養うと共に、感受性の鋭さや表現の独自性を追求できる教育システムを編成しています。直接的な実技指導を通して、建築に対し強い情熱を持った人間を養成することを目指しています。 カリキュラムは専門実技(建築設計)と専門学科で構成され、前者は学年に応じた設計課題によって段階的に進められます。

■1年次 ― 建築の設計に向かう導入部として、課題は建築の構成やその表現方法などの基礎的な学習と、各自の創造性の探求を目標に構成したものです。また、「木」を素材とした椅子の課題は、その設計から実物の制作までを自ら行うことで、手や身体を通してデザインを学ぶ重要な課題です。

■2年次 ― 課題は前期の「住宅」から後期の「学校」へ、個人の空間から集団の空間へと対象を広げていきます。各自の経験を起点とし、諸事例に学び想像力を広げながら新たな提案を試みます。また、空間やそのかたちの実在化を学ぶ「構造デザイン」の課題が後期に設定さています。さらに、夏期に実施する「実測」は、実際の建築に触れ、その構成を観察し、正確に記録し、表現する貴重な体験学習です。

■3年次 ― 建築の空間的な組織を学ぶために、集合的な建築や複合的な建築の課題に取り組みます。また、建築の社会性に広く目を向け、多様な価値観によって構築されている世界との関わりようを各自が見出すことを目指しています。また後期に実施する「古美術研究旅行」は、日本の伝統的な建築やその空間の仕組みを改めて見つめ、現代の創造性との関わりを考えます。

■4年次 ― 3年間で学んだこれまでの経験を駆使して都市的なスケールの空間に取り組みます。分析やリサーチからプログラムの立案、表現方法などを学びながらプロジェクトの提案を行います。  その後、卒業制作へと繋がるプレディプロマ課題が設定され、夏期以降は卒業制作に取り組みます。卒業制作は、テーマや条件、プログラム設定等をすべて自らが行い、長い時間とエネルギーをかけて各人の集大成となる作品を制作していきます。

キャンパス情報

上野キャンパス

東京都台東区上野公園12-8

Google mapで開く

取手キャンパス(先端芸術表現科2年次~4年次

茨城県取手市小文間5000番地

Google mapで開く

お問い合わせ

公式情報
ウェブサイト https://www.geidai.ac.jp/
お問い合わせ
メールアドレス https://www.geidai.ac.jp/inquiry