国公立大学 東京

東京藝術大学

彫刻科

彫刻科の歴史は、1887(明治20)年、専修科に彫刻科(木彫)が置かれたことに始まります。その後、1899(明治32)年に塑造科が増設され、1949(昭和24)年、学制改革により東京藝術大学となると改めて彫刻科として再出発しました。

現在の上野校地の彫刻棟は1971(昭和46)年に施工され、1977(昭和52)年には博士後期課程を開設。現在、大学院生の一部は取手校地にて制作活動を展開しています。  彫刻科では、幅広い造形の研究に重点をおき、過去の美術の歴史や日本美術の伝統を踏まえながら世界に視野を広げ将来の美術を展望できるような豊かな感性を持つ人材の養成が重要であると考えています。また、将来作家として独創性あふれる自由な創作活動が行え、美術にかかわる諸分野での指導的役割が果たせるような人材の養成に努めています。 教育研究の体制としては、塑造・テラコッタ、石彫、木彫、金属の4素材領域が置かれ、7つの研究室がそれぞれ領域をクロスさせながら、基礎教育と専門教育研究が展開できる体制を構成しています。また学部教育、大学院教育とも既存の領域にとらわれることなく豊かな感性を持つ人材の養成が重要であると考え、学生の資質を充分に活かせる自由な創作研究ができるカリキュラムを編成しています。 学部教育では、1年次、2年次を基礎教育として塑造、石彫、木彫、金属の実技実習を行います。3年次からは素材領域別に分かれ、個別指導体制のもと、素材や作品展開の方向性など、学生の資質を活かす特色のある創作研究が展開されます。また、2年次では古美術研究施設において奈良、京都に点在する仏像や建築を訪ねる約2週間の研修を行い、仏像の時代的表現や素材の展開などを専門的に学びます。4年次では研究の集大成ともいえる作品を制作し、卒業制作展に展示され一般に公開されます。

キャンパス情報

上野キャンパス

東京都台東区上野公園12-8

Google mapで開く

取手キャンパス(先端芸術表現科2年次~4年次

茨城県取手市小文間5000番地

Google mapで開く

お問い合わせ

公式情報
ウェブサイト https://www.geidai.ac.jp/
お問い合わせ
メールアドレス https://www.geidai.ac.jp/inquiry