国公立大学 東京

東京藝術大学

絵画科油画専攻

1896(明治29)年に東京美術学校に西洋画科が設立されて以来、本学においても欧州の同時代の絵画思潮を移入摂取しつつ、日本という土壌での油画の展開が連綿と続けられてきました。1933(昭和8)年、西洋画科は油画科と改称し、1949(昭和24)年東京藝術大学が設置されると、絵画科油画専攻となり現在に至っています。 西洋絵画における物の見方や方法論、絵画材料、絵画技術、またその表現から読み取れる意味など、さまざまな背景が徐々に理解・受容されると共に、油画の教育もその実質を変えてきました。本専攻は、設立当初より国際化の一翼を担って近代化する日本文化を先導し、その気運は、第二次世界大戦後もそのまま受け継がれてきたと言えます。

絵画や彫刻といった従来のカテゴリーでは捉えられない表現が現れて久しい今日、本専攻は、そうした時代の変化に対応するべく、それまでの油絵具による写実的表現を基軸とした教育方法を堅持しつつも、写真や映像など、多様なメディアまで拡張された表現に対する教育研究推進を行ってきました。 現在、本専攻は、美術・造形表現の根幹を成してきた、絵を描くということの基礎を学び、21世紀の新しい絵画表現および活動ができうる専門家としての能力を養うことを目標としています。この油画実技教育には、さまざまな美術活動を行う油画全教員が指導にあたります。 1・2年次の基礎課程では、さまざまな手法によるドローイング(素描)を習得させ、自己発見と取材の量、およびその深化に挑ませます。加えて油画、版画、壁画、油画技法材料の各実技実習を通じて、絵画表現の歴史を構成するさまざまな表現媒体・技術・知識に触れる機会を持たせます。 3・4年次の専門課程では各自のテーマに添った創作研究を行い、必要に応じてより専門的な授業、実習やプロジェクトが展開されます。これら基礎課程、専門課程を通じて絵画を中心軸にとり、映像、造形、インスタレーション、そしてそれらを横断する表現の創作研究を行うことができます。卒業生のなかから、世界で活躍する多くの美術家を輩出しています。

キャンパス情報

上野キャンパス

東京都台東区上野公園12-8

Google mapで開く

取手キャンパス(先端芸術表現科2年次~4年次

茨城県取手市小文間5000番地

Google mapで開く

お問い合わせ

公式情報
ウェブサイト https://www.geidai.ac.jp/
お問い合わせ
メールアドレス https://www.geidai.ac.jp/inquiry