国公立大学 東京

東京藝術大学

芸術学科

東京藝術大学芸術学科の歴史は、旧制の東京美術学校と東京音楽学校が統合され、新制の東京藝術大学が発足した1949(昭和24)年まで遡ることができます。

芸術学科とは、美学・美術史の知識を身に付け、諸芸術に関する理論的分析や解釈を深く学ぶことを通して、制作者とは異なる様々な立場から美術に関わる専門家を目指す学問分野です。本学の芸術学科では、成立当初より伝統的に、基礎実技が学部の必修科目とされていますが、これも制作の実体験を通しての作品理解を目的としたカリキュラムの重要な一環となっています。

 

教育研究体制としては、美学、日本・東洋美術史、西洋美術史、工芸史の4つの研究室が設置されており、学問的な手続きに則って美術作品の分析や評価を行う能力と感性を養うカリキュラムが用意されています。また、美術館・博物館の学芸員資格および教員免許取得(中学美術・高校美術)のための科目も設定されています。

 

学部の1、2年次では概説の講義を中心に履修し、諸芸術に関する広範な基礎知識を身につけると同時に、語学能力の修得に努めます。3年生になると、より専門的な特殊講義、演習を受講する中で、自分の専門とする研究領域を定め、4年次には選択した専門領域の担当教員の指導のもとで卒業論文を執筆します。

 

芸術学科での学生生活を通して在学生は、自分は芸術とどのように関ってゆきたいのかを見定め、専門的な研究者の道を選ぶ、あるいは芸術と関る他分野への貢献を目指すなど、それぞれの将来を見つけていきます。卒業生は、専門研究者、美術館・博物館学芸員、美術批評家、ジャーナリスト等、芸術に関わる幅広い分野で活躍しています。

キャンパス情報

上野キャンパス

東京都台東区上野公園12-8

Google mapで開く

取手キャンパス(先端芸術表現科2年次~4年次

茨城県取手市小文間5000番地

Google mapで開く

お問い合わせ

公式情報
ウェブサイト https://www.geidai.ac.jp/
お問い合わせ
メールアドレス https://www.geidai.ac.jp/inquiry